トップ | 2003kaito
2003kaito

ログイン


2003kaitoのWebサイト

便利なWebツールやすぐに遊べるゲームなどを公開しています。

お知らせ

2018/04/14 メンテナンスの為、T Rex Runnerの公開を一時中止しました。
2018/01/01 アカウントシステム更新に伴い、全てのアカウントがログアウトされました。
2017/12/20 常時SSL化に伴い、ページ最上部に広告を追加しました。
2017/11/13 #Bring It Backを更新しました。
2017/10/31 Webサイトを 2003kaito.com に移転しました。
2017/09/24 Webサイトを 2003kaito.site に移転しました。
2017/09/13 K coinプレゼントキャンペーンの当選発表です。
2017/08/21 kazuta123さんのフォロワー1000人達成記念で、K coinプレゼントキャンペーンを行っています。
2017/07/20 #Bring It Backの配信を開始しました。
2017/06/01 Webサイトを 2003kaito.xyz に移転しました。
もっと見る

更新履歴

2018/03/12 GIFアニメーション作成を公開しました。
2018/01/01 アカウントシステムを更新しました。
2017/12/20 サイトを常時SSL化しました。
2017/12/06 ツールページのレイアウトを変更しました。
2017/11/28 トップページのレイアウトを変更しました。
2017/11/08 文字列保存を更新しました。
2017/11/05 Base64エンコードを更新しました。
2017/08/20 K coinをプレゼントできるようになりました。
2017/08/19 文字列保存を更新しました。
2017/08/12 テーマ変更機能を追加しました。
もっと見る

ブログ

  • Diary-8 祝 2003kaito4周年! 皆さん、お久しぶりです。 間に投稿を挟んでいないので実感がわかない方も多数いらっしゃることと思いますが、もうあれから1年も経ってしまいました。 そうです。本日、2018年03月12日は、私2003kaitoがプログラミングを始めてから4年の記念日なのであります。 4周年記念作品 今年も、4周年に合わせて記念の大作を用意しておりました。 なんと、今回は超超超便利Webツールを記念作品として用意していました。 これから、そのツールについてじっくりと説明していきたいと思います。 そのツールとは...。 GIFアニメーション作成ツール インターネット上で、画像なのに動いているものを見かけたことはありませんか? このツールでは、そんな動く画像「GIFアニメ」を作成することができます。 それだけなら他のサイトにもありますが、私がこだわったのはいかに凝ったGIFアニメを簡単に作れるようにするか、という点です。というのも、私は以前、凝ったGIFアニメを作成するときに苦労した経験があるためです。 皆さんは、私が以前使用していたこちらのロゴを覚えていますか? 突然ですが、ここで問題です。 この画像を作るのにかかった所要時間は、次のうちどれでしょうか?
    1. 20秒
    2. 20分
    3. 20時間
    4. 20日
    正解は、[ 4. 20日 ]です。( 正解は [ ] の中を選択して確認してみてください。) なぜそんなに時間が掛かったのか。 このアニメ画像は、もともとはこんな静止画でした。 まず、この静止画を少しずつずらして切り取り、160フレームに分割します。 ここまでで12~3日程度掛かりました。 そしてGIFアニメーションを作成したのですが、とある問題に直面します。 出来上がったGIFアニメーションは、こんな感じでした。 ...小さい。拡大すると、このようにぼやけてしまいます。 実はもとにした静止画、上の画像ではくっきりした大きな画像に見えますが、実際の大きさで貼ると、こんな感じです。 そして、これを何も対策しないまま拡大表示させると、こうなります。 ブラウザのスムージング機能のせいで、ぼやけてしまうのですね。 これではユーザーアイコンに使うには不明瞭です。なので、作成時の設定でサイズを大きくしてみました。そうすると、こうなりました。 ...。原寸大表示ですが、ぼやけてしまいました。何故でしょう。 実は、WebサイトでGIFアニメーションを作成するとき、canvasというhtmlの要素を使用します。そのcanvasは、デフォルトでスムージングがオンになっているのです。なので、canvasで画像を拡大して表示するので、ぼやけたアニメーションになってしまうのですね。 仕方なく、160枚のフレームを1つ1つ、拡大していくことにしました。これで大体7~8日。 完成品がこちらです。 拡大に負担があまりかからず、かつそこそこくっきり表示できるサイズを検討した結果、このサイズになりました。 こんな経験があったのです。ですが、ここでもう1度問題です。 私のGIFアニメーション作成ツールを使用して静止画から同じ画像を作るとき、所要時間は次のうちどれでしょうか。
    1. 20秒
    2. 20分
    3. 20時間
    4. 20日
    私のGIFアニメーション作成ツールは、凝ったGIFアニメーションが作成しやすいよう、多くの機能を備えています。その中の1つが、「 」です。 この機能を使うと、画像の位置をプログラムで自動的に変更し、スクロールしているように見せることができます。 これで、フレーム分割の12~13日が必要なくなりました。 そして、今回のようなドット絵でGIFアニメーションを作成したいときのために、ドット絵モードを搭載しています。このモードを利用することで、小さい画像から大きなGIFアニメーションを作るときでも、ぼやけずに作成できるというわけです。 なので、画像サイズ変更に掛かった7~8日がいらなくなりました。 ということで、正解は、 1. 20秒 でした。 20日が20秒に短縮されたということは、効率が86400倍になったということですね。86400倍。すごいでしょう。 他にも、 等の機能も備えており、また機能は今後もどんどん追加していく予定です。 是非是非、ご利用ください。 GIFアニメーション作成ツールはこちらです。 皆様にお知らせ ここで、皆様にお知らせです。 読んでいて気づかれた方もいると思いますが、4周年を節目にブランドロゴの一新を行いました。 新しいロゴはこちらです。 以前まで使用していたロゴのイメージを受け継ぎつつ、明るい雰囲気を持つロゴとなっています。 最後に この1年間は部活と高校受検に忙しく、なかなか投稿ができませんでしたが、次の1年間は頑張って投稿をするつもりです。 5年目も、2003kaitoをよろしくお願いします。
  • Diary-7 祝 2003kaito3周年! 皆さんこんにちは!お久しぶりです。 最近はScratchよりもWebサイトの作成のほうに力を入れております、2003kaitoです。 さて、本日2017/03/12はタイトルの通り、僕のプログラミング歴3周年の日なんです! と、いうことで 3周年に合わせて、Webサイトにアカウント登録フォームを開設しました。なんと、Webサイトで稼いだコインはこのアカウントに紐づけられるようになるんです。しかも、今なら3周年記念で、登録するだけで300K coinが貰えるんです。これはやるしかないでしょ!! アカウント開設フォームはこの投稿の最後にありますので、ぜひ最後までお読みください。 ってか、K coin bank(当時はCloud coin bank)を共有したの、去年だったっけ...?全く使われていないシステムになっちゃったなぁ... さてさて 今年も、3周年記念ロゴをkazuta123さんに作ってもらいました! ありがとうございます。こちらです。 やっぱりkazuta123さんのデザインは凄い... 来年もよろしくお願いしますね(笑) 続いては 2003kaitoの1年間の活動を振り返ってみましょう。

    Scratch編

    まずScratchからですが、今年は5作品共有しました。そのうち、2つが検証シリーズです。 2016/10/16 【検証】リストの項目削除は1番目からと最後からのどちらが早いか 2016/11/18 【検証】変数やリストの1項目に書き込める文字数は最大何文字か どちらも、自分の作品の処理の高速化と利便性の向上のために作ったもので、どうせなら共有してしまえ、という事で共有しました。いわゆる駄作ですね。 さて、そんな中で、過去にこのブログでもお伝えした通り、次世代型のクラウドリストであるCloud list 16の開発も同時に行っていました。 2016/11/17 Cloud list 16 by 2003kaito 2016/12/21 Cloud list 16 by 2003kaito for numbers これは、書き込みに16進数で使える文字を使うことにより、かなりの容量削減と動作の高速化が可能になりました。さらに、今まで困難だった、複数のリストを1つの変数に書き込むことを可能にしたのも、このクラウドリストです。 さて、最も新しい作品がこちらです。 2017/02/26 2D画像の3D表示 Project IDを見ていただければわかる通り、過去に作った駄作を共有しただけです。はい。

    Webサイト編

    今年のメインディッシュです。 今までブログではあまり触れてきませんでしたが、かなり凝ってるつもりです。 が、しかし、1度誤ってデータを全て消してしまったのです... が、しかし、すぐに復活できました。 あまりにページ数が多いため、全ては説明出来ないので要点だけを説明しますね。 まず、ツールから。 投稿時点で共有しているのは、こちらの3つです。 あの日からどれくらい経った? カウントダウン URLエンコード/デコード この中で一番凝ったのは、カウントダウンです。秒単位でのカウントダウンを見ていると、思わず焦ってしまいますね。さらに、URLでカウントダウンの共有も可能です。 次に、ゲームから。 投稿時点で共有しているのは、こちらの2つです。 掛け算九九 数あてゲーム1 凝ったのは...無いです。 しかし!!ログインしてこれらのゲームで遊ぶと、なんとK coinが手に入るんです! K coinは、各アカウントに紐付けられるので、他のデバイスとでもコイン数を共有できます。 なんと本日公開! アカウント登録システムは、本日公開です!しかも今なら、3周年記念で登録するだけで!! だけで!!300K coinが貰えるんです!!これはやるしかない! アカウント登録フォームはこちら ログインフォームはこちら 3周年特集、いかがでしたか? 今回はここまでです。 4年目も、2003kaitoは色々な形で活動を続けていきますので、よろしくお願いします。
  • Diary-6 次世代クラウドリスト 皆さんこんにちは。2003kaitoのプログラミング日記を閲覧頂きありがとうございます。 さて、暫くの間部活で忙しく更新が出来ませんでしたが、今回は次世代クラウドリストの作成をご紹介します。 そもそもクラウドリストとは何か 皆さんもご存知のクラウド変数は、世界中で共通の値を共有できる変数です。しかし、クラウド変数には数値しか格納出来ないのです。そこで、文字列を数値で置き換えて格納する方法が考案されました。これがクラウドリストの原案です。 クラウドリストは、かつて10個の変数を使い1つのリストを格納する仕組みでした。ですが、どうしてもそれに納得できない僕が、変数名を自分で決められ、かつ1つのリストに対し1つのクラウド変数に書き込む仕組みを作ったり、使用可能な文字がいくらでも追加できるような仕組みを作ったりしました。 次世代クラウドリストって何が違うの? 従来のクラウドリストと決定的に違う点は、ズバリ書き込みに16進数を使うことです。 これにより、書き込み時間の短縮書き込み可能容量の増加などの効果が期待できます。 だがしかし、それだけでは終わらない。 僕がその程度の事で満足するとでも思いましたか?そんな事はありません。 僕が16進数をクラウドリストを作る本当の目的は... 複数のリストを1つの変数に書き込ませることです。 仕組みをお教えしよう。 どうやったら1つの変数に複数のリストを書き込めるようにできるのか。それは、16進数で使える文字に秘密があります。順を追って説明しましょう。 16進数の数値は、0~9とA~Fで表します。まず、書き込み容量の削減の為、各文字を表す数字の初めの数字をアルファベットで表すことを考え付きました。しかし、ここで問題が発生します。初めの数字としてあり得るのは1~9の9種類です。対して、16進数で使えるアルファベットはA~Fの6種類です。これでは足りない!でも大丈夫。アルファベットには小文字というものが存在します。したがって、A~F,a~fの12種類が使用可能です。 さて、容量削減が済んだ時点で、残りのアルファベットは12-9=3種類です。さて、ここで複数リストの書き込みに入ります。僕は書き込み用にa~e,A~Dを使い、リスト改行用にEを使うので、リストの区切りにはfを使うことにします。 さあ、まだ1つ余っています。これを使って何をするか... そこで思いついた新機能が、単語書き込み機能です。あらかじめ登録した単語と一致するデータを、超低容量で書き込むことができるのです! これらをもとに、遂にCloud list 16が完成しました! Cloud list 16 by 2003kaito single variable version でもそれだけじゃない、Cloud list 16 なんと、できることはそれだけではないんです。クラウド変数の大文字、小文字の区別ができるお陰で、16進数までの数値が入ったリストを超効率よく超高速に書き込むことができちゃうんです。大文字、小文字の区別をつけて書き込むできませんが、K coin bankなどのシステムに使えそうです。さらに、セーブデータの保存にも便利な4個の任意の記号も書き込むことができます!もちろん、通常版と同じく複数リストの書き込みや単語書き込み機能も使用可能です。 こちらも、完成しました! Cloud list 16 by 2003kaito for numerical single variable version 今回はここまで! 最後まで閲覧して頂きありがとうございました。この画期的な新技術、見て頂けましたでしょうか。 しかし、ここで新たな問題が発生してきました。 その問題とは何か。 次回、問題の紹介とともに解決をしていきます! お楽しみに。
  • Diary-5 Cloud coinはScratchにとどまらない! 第五回 プログラミング日記 こんにちは。2003kaitoのプログラミング日記を閲覧していただきありがとうございます。さて、今回は前回の最後にした予告通りに既存作品の更新、とはいかない状況になってしまいました。 なぜ? 理由は2つあります。 1つ目は、もはやScratchの僕の作品の中に、更新すべき(更新後にもまだまだ人気が出そうな)作品が無いからです。 2つ目は、僕が他のプログラミング言語に興味を持ち始め、どっぷりとその世界に浸かってしまったからです。 ロゴ変更の理由 皆さんの中には、「改良に改良を重ねて辿り着いた、最高のロゴです」とまでいったあのロゴを変更したのはなぜか、疑問を抱いた方もいるでしょう(いなかったらどうしよう...)。 それは、Androidアプリ開発にはまってしまい、アプリ内でも同じロゴを使いたい!でもマリオが入っているんじゃ著作権的に危ない!と思い、急遽作成した仮ロゴを気に入ってしまい、実際のメインロゴもそれにしよう!と思ったからです。しかも、一緒のほうがわかりやすいですよね。 で、今後この日記では何を投稿するの? 今後は、Webサイト作成や、アプリ開発についての日記を書くことになりますね。 でも、Scratchの投稿もやめるつもりはありません。 そうなると、検索が難しいのでは?と思った方のために、今後すべての投稿にラベルを付けることにします。 サイドバーから、それぞれのラベルの投稿にアクセスできるようにしたので、ぜひ使ってください。 で、今回の内容は... 今回の内容は、タイトルにもある通り、Cloud coinをScratch以外に進出させたいと思います。 え?Scratch以外!? そう、この投稿のラベルにある...Cloud coinじゃないほうの...Web siteでもCloud coinを使えるように、現在プログラムを開発中なのであります。 もはやCloud関係なくない? 関係ないですよね~。はい。 ってことで、現在アンケートを行っています。 こちらから回答を受け付けています。 ご協力してくださった方にはリニューアル後もれなく200coinをプレゼントいたします。 さらに、デザインも新しくしちゃいました! 新デザインはこちらです!(kazuta123さん作成) image/svg+xml さてと... Web siteでCloud coinを使えるようにするには、JavaScriptを使う必要があります。 でも、WixのようなWebサイトビルダーでは、何かと制限が多くて、しかも読み込みが遅くてイライラしてしまいます。 ということで... 自分で1からWeb siteを作っちゃいました。 https://2003kaito.com/ 僕が苦手とするデザインは、GoogleのMaterial Design Liteを元に作りました。 今回はここまで! 最後まで閲覧いただきありがとうございます。 次回は、実際にプログラミングしているところをお見せしたいと思います。
  • Diary-4 Cloud coinデザイン作成 第四回 プログラミング日記 こんにちは。2003kaitoのプログラミング日記を閲覧いただきありがとうございます。 さて、今回はCloud coin bankのサービス提供開始に向けて、こだわってCloud coinのデザインを作成していきます! ※いち早くサービスを開始したかった為、記事の投稿がサービス開始よりも後になっています。 あれ、Cloud coinって前からあったよね? ありました。こちらです。 これは、まだ僕のデザイン技術がない頃に作成したものなので、そのまま使い続けるにはクオリティーが低すぎると思い、新たに作り直すことにしました。 形の決定 さて、まず始めは形の決定です。 もちろん丸です。 丸以外の形のコインを見たことがありますか? デザイン案作成 ここ最近、ユーザーアバターを変更しましたが、Google+で使ったときに丸い枠に2003kaitoの文字が収まらなく、また収まるようにすると四角い状態での配置が悪くなるということで、2通り作りました。それがこちらです。 それで、この丸いほうのアイコンをうまいこと使えないかと思いまして、作ったデザインがこちらです。 背景を黄色に、マリオをゴールドマリオ風にしてみました。 これをハングアウトでkazuta123さんに見せてみたら、グラデーションを入れたらそれっぽく見えそうだということだったので、ドットでグラデーション風のものを作ってみました。 お気づきの方もいらっしゃるかもしてませんが、実はこれ、スーパーマリオメーカーのキャラマリオで出てくるゴールドマリオのデザインそのままです。 ですが、さすがにこれだと著作権的に危ないので、グラデーションを滑らかにしてみました。 この2つを何も言わずにkazuta123さんに見せて、どちらがいいか聞いてみると...あっさりスーパーマリオメーカーのデザインの方がいいと言われてしまいました。 作っただけ無駄だった...やっぱり任天堂には勝てないや...と思いつつも、とりあえず次の試作品を作ってみました。 背景はマリオの色を借りてグラデーションにしてみました。 これをさらに改良したのがこれです。 今度は、『2003kaito』の文字の部分にもグラデーションを付け、少し影をつけることで立体感を出してみました。 でも、本当に大丈夫!? 著作権的に大丈夫な訳ないです。さらに、これだと元のデザインと大きく変わっていて同じものだとわかりにくいので、元のデザインを参考にさらに改良しました。 これは、いける!! と思い、kazuta123さんに見せたところ... 華麗にスルーされました(笑) ということで、僕の独断と偏見によりこのデザインに決定しました! え、そこまでこだわってなくない? そう思った皆さん、砂糖よりも甘いです。 実は、このデザインは、僕のこだわりがたくさん詰まっています! その中のいくつかをここで紹介します。 まず、影の付け方です。これには相当こだわっていて、影なし~影10ピクセルまでの『C』と『2003kaito』のすべての組み合わせを試しました。その結果、『C』は4ピクセル、『2003kaito』は2ピクセルがちょうどいいという結果になり、それに決定しました。 次に、グラデーションの付け方です。これは本当に細かいのでとても分かりにくいですが、一番端の部分からグラデーションさせています。(これの調整に3日かかりました。)さらに、文字と背景とで付け方を開始点を逆にすることで、見やすくしています。 この他にも、このデザインには多くの点でこだわっています。 今回はここまで! 最後まで閲覧いただきありがとうございました。 今回は、僕の細かすぎる(他の人には伝わりにくい)こだわりをいくつか紹介しました! 次回は、既存作品の更新をしていきたいと思います。
  • Diary-3 祝 2003kaito2周年! 第三回 プログラミング日記 こんにちは。2003kaitoのプログラミング日記を閲覧していただきありがとうございます。さて、今日2016/03/12はタイトルにもあるように2003kaitoのプログラミング歴2周年の記念日なんです!今回は、2周年特別編ということで、2003kaitoの歴史を振り返りましょう! 2003kaitoロゴの歴史 まず、Scratchでの僕のロゴの歴史を振り返りましょう。下のプロジェクトにまとめてあります。なお、実際にはここで紹介できないほどの数多くの微調整を繰り返している為、すべてのバージョンが載っている訳ではありません。 ブログ投稿時点では、 1. Scratchの初期ロゴ 2. 2003kaitoマリオ背景白ロゴ 3. 2003kaitoマリオ背景黒ロゴ 4. 2003kaitoGIFロゴ 5. 2003kaitoロゴ by @kazuta123 6. 2003kaitoロゴ by @kazuta123 改良版 7. 2003kaito2周年記念ロゴ by @kazuta123 の番号に対応する数字キーを押すことでそのロゴが閲覧できます。 新ロゴ、発表 ここで、2003kaitoの新ロゴを発表します!改良に改良を重ねて辿り着いた、最高のロゴです! このロゴは、おそらくこの後長いこと使うことになるでしょう。現時点では、特別な記念日以外今後ずっとこのロゴで活動することも考えています。このロゴは、今後2003kaitoに関わるものの中でたくさん目にする物になるでしょう。今後の活動にご期待ください! 2003kaitoプロジェクトの歴史 次は、Scratchで僕が作ったプロジェクトを振り返りましょう。なお、読み込み速度の向上のためプロジェクトの埋め込みはしておりません。 まず、Scratchを始めた2014/03/12に共有したのが、スーパーマリオブラザーズ〜コイン集め〜でした(この後もScratch 1.4からの新規アップロードを繰り返した為、最終的には2014/07/17に共有したバージョンがメジャーバージョンとなりました。 次に2014/07/07に共有したのは、ブロック崩しです。 ここまではゲームでしたが、ここで初めてツールを共有します。2014/12/05に変数に文字を流すを共有しました。 年が明けて、2015/02/06に共有したのは、ブロック積みです。 忘れてはならないのがこの次の2015/05/18に共有した僕の代表作、My cloud IDです。 さらに、2015/05/27にまた大作の一つであるキューブの冒険を共有しました。 そして、2015年6月には、2015/06/15にピンポン、2015/06/26スーパーマリオブラザーズ〜コイン集め〜 (Version 2)、2015/06/28に10進数と○進数を相互変換、と3つのプロジェクトを共有しました。 ここに皆さんからするとの空白の2ヶ月があります。この間に、後で紹介する大作プロジェクトを作っていました。 さて、8月になり、ここで2つのプロジェクトを公開しました。これらは、あくまでも次の大作につなぐためのもので、2つとも駄作です。2015/08/19には端に当たるとアウト、2015/08/27にはCloud list by 2003kaitoをそれぞれ公開しました。 9月になり、2015/09/09にみんなでCloud coin稼ぎ!を共有しましたが、これは大作ではありません。 10月の終わる間際の2015/10/31に広告募集プロジェクトを共有しましたが、これも大作ではありません。 11月の初めの2015/11/05にプロジェクトを見ている人を共有しましたが、これでもありません。 その後も駄作ばかりで、2015/12/04に緑の旗をクリックする前に中を見たか、年が明けて2016/01/20には2003kaitoロゴの歴史、2月にも2016/02/10に【検証】 Scratchの乱数はどの数が一番出やすいかをヒストグラムと度数分布多角形に表して調べてみたと2016/02/20にはまらないはずのところにはまっているブロック2003kaitogamesから移植するだけと、僕の力が衰えてきたと思った方も多いでしょう。 ご安心ください。 実は、今日共有するために、開発を続けてきたプロジェクトがあります。 前回ちらっと触ったCloud coin bankです。 遂に、共有することになりました。 このために、かなり貯めてきたのです。 ですが、ブログ投稿時点では対応するプロジェクトがないため、My cloud IDとの連携のみ可能です。そのため、余分なスクリプトはオフラインに保管してあります。 2周年特集、いかがでしたか? 今回は長文になりましたが、最後まで閲覧していただきありがとうございました。 これからも活動をしていきますので、応援よろしくお願いします。
  • Diary-2 Cloud coin bank作成 第二回 プログラミング日記 こんにちは。2003kaitoのプログラミング日記を閲覧いただきありがとうございます。だいぶ前回の投稿から間が空きましたが、今回もkazuta123さんと進めているまったりゲームランドとのコラボ企画の進行状況をお伝えします! 前回の日記でやったことはほとんど無意味 残念ながら、前回の日記で紹介したこの作品は全く意味がありませんでした。以下斜体は前回から引用です。
    まず、交換するシステムを製作する必要があります。その第一歩となる作品がこちらです。
    はい、ここではネコがfalseと言いますが、こちらにアクセスして、緑の旗をクリックする前に中を見るとネコはtrueというのです。このシステムは、タイマーを使っています。
    これで、クラウドに書き込んでないがコードの発行をしたということができなくなるのです!!
    "これで、クラウドに書き込んでないがコードの発行をしたということができなくなる"なんて言っていますが、Cloud coin systemの開発を進めていくうちに、このスクリプトを使わなくても不正を防げる方法を思いついてしまいました。さらに、このスクリプトを実行後に中を見られたら元も子もないので、新しく思いついたほうに変更することにしました。 Cloud coin systemとは? Cloud coinとは、2003kaitoのゲーム内で将来的に使えるようになる仮想通貨です。現在は貯めることしかできませんが、おそらく将来的に移動や使用ができるようになります。それのキーとなるのが、現在開発中のCloud coin bankです。Cloud coinやCloud coin bankなどの総称を、Cloud coin systemといいます。僕が新しく思いついた方法とは、Cloud coinを減らし、コード発行のリクエストを書き込めば、coinが減らされてないのにコードを発行することができなくなります。というかこれを初めから思いつかなかったのが恥ずかしくなる... 現在進行中の作業 先ほど述べたシステムはとりあえず後回しにするとして、まずはCloud coin bankの主要なアイコンを作成しました。僕が求めているのはシンプルなので、GoogleのマテリアルアイコンとMicrosoftのメイリオフォントを使うことにしました。ですが、ここで重大な問題が発生しました。それは、ここでダウンロードしたsvgファイルがScratchでは認識できないファイル形式のようで、Scratchにアップロードすると表示が崩れてしまうのです。 そこで2003kaitoは考えた こんなサービスがありました。pngなどのビットマップ画像をsvgなどのベクター画像に変換してくれるツールです。なんと、メールアドレスを登録すると無料で2回使えるのです。でも2回だけか...と思いましたが、こんなサービスもあります。「捨てメアド」です。このサービスは、無料でいくらでも時間無制限に捨てメールアドレスを作成できます。これで何回でも使えはず。ですが、cookieか何かで使ったデバイスを認識しているようなので、普段使わないFirefoxでcookieを保存しない設定にして...はい。これで無限に使えるようになりました。 アイコンの作成 先ほど紹介したツールを使って、ここからダウンロードしたpngファイルをどんどんsvgに変換していきます。さすがは本来有料のサービスなだけあって、仕上がりは最高です(ここでは完全無料で使っていますが)。 ボタン画像の作成 ボタン画像の作成はWindowsユーザーなら誰もがおなじみの標準ソフト、「ペイント」を使いました。ですが、Windows 10があまりにも不完全すぎて、イライラするほど使えないので、かなり時間がかかりました。終わったらベクター化してScratchにアップロードしました。仕上がりを見てみると、さすがは僕なだけあって、仕上がりは最高です。表示するときにも縁がぼやけず、さすがは僕なだけあって作業の質がいいなあと思いました。 今回はここまで! 今回も作業を説明している部分がかなり少ないと感じる方もいらっしゃると思いますが、ここまでとします。その代わり、次回はかなり詰め込みます!作業進度により公開が遅れる可能性もありますが、予めご了承ください。
  • Diary-1 Cloud coin code発行システム 2003kaitoのプログラミング日記 こんにちは。2003kaitoのプログラミング日記を閲覧いただきありがとうございます。このブログでは、2003kaitoのプログラミングの過程を紹介していきますので、今後も閲覧をよろしくお願いします。 あれ、第一回? ちょっと疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、ご心配なく。以前投稿していた2003kaitoのScratch日記は諸事情により削除しました。これからはこちらでScratchに限らずにプログラミングについて投稿していきます。ということで、番号も第一回から始めることにしました。 今までと同じことをまた投稿するの? いいえ。今までのことは全く無かったことにして進めていきます。 今までの日記はどうやったら見れるの? 申し訳ありません。今までの日記は完全に削除したため、保存でもされていない限り見ることはできません。 なんかFAQみたいになってない? 申し訳ありません。そうでした。日記、日記。 ちょっとFAQが長引きましたが... 今回は、2003kaitoの新しい企画の一部をご紹介します。 新しい企画って何? それは、kazuta123さんのまったりゲームランドと僕ののCloud coin systemのコラボです。なんと、まったりゲームランドのゲームポイントがCloud coinに交換できるようになるのです! その新しい企画のの制作過程をちょっとだけご紹介します。 交換システムの作成の第一歩 まず、交換するシステムを製作する必要があります。その第一歩となる作品がこちらです。 はい、ここではネコがfalseと言いますが、こちらにアクセスして、緑の旗をクリックする前に中を見るとネコはtrueというのです。このシステムは、タイマーを使っています。 これで、クラウドに書き込んでないがコードの発行をしたということができなくなるのです!! ゲームのちょっとした修正 交換システムの作成は少し置いておいて、今度はゲーム前、ゲーム後のメッセージの修正をしました。また、緑の旗クリック時のロゴの表示システムやコスチュームのサイズを小さくし、表示するときに大きさを調整することによってデータサイズを小さくすることもしました。 今回はここまで! 最後までご覧いただきありがとうございます。今回の本編はおよそ一画面分程しかありませんでしたが、次回以降は本編の量を増やそうと思います。2003kaitoは今後もプログラミング日記を定期的に更新していきます。今後も閲覧をよろしくお願いします。